ニキビケア洗顔で気を遣っておきたい正しい洗顔方法とは?

 

肌荒れを繰り返し起こしてしまったり、さらにニキビが悪化したりとトラブルを抱えている場合に、洗顔がしっかりできていないという事が案外理由になる事もあります。
ホームケアで間違ったニキビケア洗顔をしていないかを、今一度確かめてみる事も必要です。

お化粧をしている場合にはクレンジングを行いますが、肌にクレンジングが合っていない場合にも思わぬようなトラブルになる事もあります。
肌を洗い上げた時にしっかりと落ちているのか、さらに全体の洗顔をした時にも思った以上に皮膚が乾いていないかなど、クレンジングを使う時やクレンジングを新しく購入する時にも、特に肌荒れをしている場合には細かくチェックする事も大切です。

ニキビ肌専用の洗顔料なども販売されていますが、綺麗に落とせるという機能さえあれば、むしろどの洗顔料を選んでも問題ではありません。
ニキビ専用ではなくても、洗い上がりの肌の質感、しっかり洗えているという機能があるのか、肌への負担の高い成分や添加物などが入っていないかなどをきちんと確認する事です。

また、肌荒れの原因が使っている洗顔グッズが汚れている事が原因になる事もあります。
ソープケースや泡立てネットなど、汚れていないかも再確認した方が良いのです。

泡立てネットなどは消耗品なので、ある程度経過したら新しい物に交換するのも忘れずにしておきたい事です。
また、肌を洗う場合は一回ネットを軽く洗ってから泡を立てた方が、良い泡が立ちますし雑菌などもつかずに済みます。

さらに、肌を洗うのに温度の高いお湯は御法度ですが、冬場の寒い浴室では思った以上に熱めのお湯で洗ってしまう事もあります。
それが原因でインナードライになり、皮膚の乾燥からニキビが発症する事もあるので、事前に洗面器にややぬるめのお湯を張っておくなどして、熱いお湯に直接顔を触れないようにすると良いです。

ニキビケアの洗顔にはこのように気をつけるべき事がたくさんありますが、洗顔後の化粧水などの保湿もしっかりとする事がニキビを改善する為には基本的な方法なのです。

ニキビに効果的な化粧水TOP
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket