ニキビ治療と漢方薬の適用について

 

ニキビの治療で皮膚科にかかったときに漢方薬を出された経験がある人もいるかと思います。
ニキビの治療に漢方は有効なの?と疑問に思っている人も少なくないかと思います。
実際に漢方薬に中にはニキビに対する効能効果がうたわれているもののあるのです。
現在、ニキビの治療には多種多様な治療法が存在します。
その中でも基本は「アダパレン」という成分(この成分は塗り薬として出ています。漢方ではありません)を中心とした薬を使った治療になります。
アダパレンは日本の皮膚科学会が作るニキビの治療ガイドラインでもまず最初に選ぶ薬として推奨されています。これはニキビが新しく作られることを抑える働きがあるとされています。
アダパレンによる治療では、これに合わせて抗生物質や漢方薬を組み合わせることで治療が継続しやすくなるようにしています。
また、実際の治療の現場においてはニキビ治療のガイドラインに沿った選択肢に漢方も含まれています。
ニキビに効能効果がある漢方には、荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)や清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)があります。これらに加えて「化膿性皮膚疾患・急性皮膚疾患の初期」に効能効果がある十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)があり、ニキビの治療ではこれらを使い分けています。
また、漢方薬を用いることによって患者の肌の状態がよくなっている印象があるという医師もいるようです。
桂枝茯苓丸加慧苡仁(けいしぶくりょうがんかよくいにん)はニキビやシミや手足の荒れに効能効果を持っています。
これは冷え性や月経不順といった女性特有の症状に用いられる桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)に、肌荒れなどに用いられる慧苡仁(よくいにん)が配合されている漢方薬であります。
そのため特に女性で使いやすい漢方ではないかとも言われています。
このようにしてみると、ニキビの治療で用いられる漢方薬は思っている以上に種類があるといえると思います。
医師もニキビの状態に合わせて漢方薬を選んでいるのだと思われます。
ニキビの治療は根気がいるのでこれらの薬を継続して飲むことが大切なようです。

ニキビに効果的な化粧水TOP
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket