10代のニキビケア、思春期ニキビスキンケア方法とは?

 

ニキビにも10代でできるニキビは【思春期ニキビ】と呼ばれるもので、成長ホルモンが影響しています。

成長ホルモンによって、皮脂の分泌が盛んになり増加する事で肌に直接影響して、毛穴を詰まらせてしまいます。
毛穴が詰まるためにニキビができるのです。10代のニキビケアでは、分泌される皮脂量をコントロールする事が重要となってきます。

そして、皮脂量が多いとお肌の表面もベタつくために、洗願を頻繁に行う方がいますが、NGです。

同じくしてあぶら取り紙などを使用するのもNGです。皮膚の表面には皮脂で覆われていますが、皮膚の水分を守ったり、外部からの刺激などから守るバリア機能を持っています。

そのため、適度な皮脂が必要です。しかし、洗願を頻繁にしたり、皮脂をあぶら取り紙で摂りすぎてしまうと、バリア機能を働かせようと皮脂の分泌が過剰になってしまいます。
そのため、逆効果となるのです。

洗顔は朝と夜の2回までに留めておきます。そして、どうしても汗やベタつきが気になる場合には、ぬるま湯ですすぎ流す程度にしておきます。
ニキビ予防のためのスキンケア用品は、できるだけ刺激の弱いものがおすすめです。

特にニキビ用のものは抗炎症作用のある成分が配合されている事が多いので、これらを使用すると新しいニキビの予防、悪化を防ぐことができます。
そして、10代の食事にも注意が必要です。

成長期と言う事もあり食事は揚げ物などを中心に食べる事が多いかもしれません。
食べる事は成長過程において必要ですが、同時に野菜や果物などのバランスにも注意が必要です。

特にお肌の再生には欠かせません。
そして、スナックや炭酸ジュースなどの糖分、塩分の取りすぎもニキビには悪影響です。
食べるな!というのは酷ですが、量は適量にしておきましょう。

そして、お肌を健康に保つためには睡眠も欠かせません。
10代の頃ですと勉強、習い事、塾、部活動、テレビ、ゲームとやりたい事が沢山で時間が足りませんね。

しかし、睡眠時間に分泌される成長ホルモンのバランスを乱してしまいます。
早寝早起きで十分な睡眠をとりましょう。

ニキビに効果的な化粧水TOP
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket